歯周病|赤坂歯科診療所は千代田区永田町の歯医者です

  • 0332653902

    月~金 10:00~14:00/15:00~19:00
    休診日 土日祝

  • 24h予約フォーム

歯周病

歯周炎・歯周病の治療について

治療法としては歯科医院でのルートプレーニングと組み合わせて、ホームケアの技術指導、頻繁な歯科医院でのクリーニング、そして重度の歯周病の場合は、手術を行います。
治療を先送りしても、決して歯周病は良くなりません。歯周病は絶えず悪化していき、歯を支えている骨を失うと決して元には戻りません。
もしあまりにも多くの骨を失い、歯がぐらつくようならばその歯を抜かなければなりません。そうなったら部分義歯か、総義歯をする以外に方法はありません。
きちんと予防、治療を行っていると歯周病によって歯を失う事はありません。治療をすることで感染を取り除き、病気を抑えられます。

かんたん歯周病セルフチェック

下記にどれか1つでもチェックがついていたら、要注意です。

  • 口臭がある
  • 歯を磨いている時やフロッシングをしている時に歯肉が出血する
  • 歯肉が腫れ、ブヨブヨしている
  • 歯が動揺する
  • 歯と歯の間に隙間ができ、歯肉が退縮してきている

歯周病の進行

健康な歯肉

歯ぐきはピンク色で、触ってもブヨブヨした感じがなく、健康的です。

歯肉炎

歯ぐきに炎症がおきて、赤くはれて触れると痛むことがあります。歯磨きをすると歯ぐきから出血したりします。また口臭がある場合もあります。
この歯肉炎は、症状が軽いうちなら正しいやり方で歯を磨けばなおります。もしリンゴなどの少し硬いものを食べて、歯ぐきから血が出る人は、歯肉炎にかかっているかもしれないので気をつけましょう。歯肉炎にかかりやすいのは、思春期や妊娠中の女性、甘いものをたくさん食べる人などが、歯肉炎にかかりやすい因子をもつ人たちです。

初期の歯周病

歯ぐきの炎症が進んで、口臭も強くなります。見るからに歯ぐきが赤くぶよぶよになって、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」と言われる溝ができてきます。
歯槽骨の吸収も始まり、虫歯じゃないのに冷たいものや甘いものがしみるようになります。
また歯が浮いたような感覚もあります。

重度歯周病

歯周病がさらに進むと、歯の支えの多くを失い、歯槽骨はほとんどとけています。そのため歯根がすっかり出た状態になって、歯がぐらつき始め歯ぐきがますますはれて、ひどく痛み、膿が出はじめてくると口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまいます。

ページトップへ戻る  PAGE TOP